九州北部税理士会

topics

ホーム TOPICS 「家賃支援給付金」の電子申請が困難な者へのサポートについて

topics

2020/07/21

「家賃支援給付金」の電子申請が困難な者へのサポートについて

 令和2年7月14日から、5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する「家賃支援給付金」制度が開始されます。  当該給付金の申請に当たっては、その方法が電子申請に限定される予定であり、ICTに慣れていない、あるいは通信環境が悪く物理的に申請ができないなどの理由で、事業者が申請に困難を抱えるケースが懸念されます。
 このような状況下において、税理士は、事業者に対して電子申請の入力支援や必要書類の確認などにつき、経営支援の一環としてサポートしていくことが求められています。
 なお、サポートに当たって、当該申請は、本人申請によることとされ、他者名義での申請は認められていません。しかしながら、オンライン入力の支援自体はこれに当たるものではありません。
 つきましては、会員の皆様におかれましては、電子申請が困難な者へのサポートなどを通じて中小企業者への支援を行っていただきますようお願いいたします。

 

【関連情報】

 家賃支援給付金に関するお知らせ

ページの先頭へ