九州北部税理士会

topics

ホーム TOPICS eLTAXで利用するJavaの取扱いについて

topics

2015/04/20

eLTAXで利用するJavaの取扱いについて

 現在、eLTAXの利用届出及び申請届出でJavaを利用していますが、利用環境として求められている「Java7Update71」は最新バージョンでないこと、また、平成27年4月30日にJava7の公式サポートが終了するため新たな脆弱性が発見されたとしてもアップデートが提供されず、コンピュータウィルスへの感染の危険性が高まることから、セキュリティ上の対策が必要となります。

 対策としまして、利用届出等の提出後、速やかにJavaを最新バージョンに切り替えるか、または、Javaのアンインストールを選択ください。

 

<eLTAXホームページ>

 http://www.eltax.jp/www/contents/1427971379939/index.html

ページの先頭へ